水素水・水素風呂、水素関連製品 – 太田教授のおすすめ製品

水素水は、現在の体の状態のいかんにかかわらず、すべての人に良い効用をもたらすと太田教授は言われます。

友達が膀胱癌の抗がん剤治療で苦しんでいた時に、自然療法を色々探していて見つけたのが水素水でした。

でも、どこまで癌に効果があるのか、副作用は無いのか、本当のところが知りたくて、返事は期待できないと思いつつも発見者の太田教授に直接メールで問い合わせてみたところ、太田先生は丁寧にお返事をくださいました。その後の数回のメールも、お忙しい中お返事をしてくださり、とても感謝をしています。

水素に関しては、その後も、読めるだけの論文 (ほとんどが英語) を自分自身でも読み、ノーベル賞候補の Dr. Garth Nicolson の講演にも出向き、結論として、不健康な人も、健康な人も、現在治療を受けている人も、受けていない人も、様々な薬やサプリを取っている人も、取っていない人も、現在の状態にかかわらず、水素水はすべての人に有益と今では思っています。

実際、私自身も、主人も、水素水で目に見える効果を体験しています。

ただし、太田先生も記事にかかれていますが、日本国内でもアメリカでも、水素水に関連した製品には「偽物の方が多い」ということですので、気をつけたほうがよいようです。「還元水素水」と歌われている機械も、多くは水素濃度が低すぎて、水素水と呼べるレベルでは無いようです。また、太田先生が強調されているように、水素水と還元水は基本的に全く違うものですので、科学的に立証されている健康効果を期待して飲むのでしたら、濃度が8ppm以上の、きちんとした水素水を飲むようにしましょう。ちなみに、アルカリ性の還元水と違い、水素水中性ですので、飲み続けても胃腸の消化機能などに障害を起こす心配もありません。

太田先生とのメールのやり取りから使うことに決めた製品の一つに、Auter 化粧品の製品があります。Auter 社にも、製品に関して直接いろいろお伺いしたところ、丁寧にお返事をいただいたうえ、太田先生の書籍までお送りくださいました。これには、心から感謝致しました。アメリカに住んでいる私達にとって、日本の書籍は非常に貴重です。読みたい人、必要な人にお貸しして、有効に、また大切に使用させていただいています。

水素水に関する論文やビデオのリストは、こちらを参考にしてください。

水素水に関する記事は、こちらを参考にしてください。

記事更新:2019年2月24日

去年の暮れに、Auter から英語で書かれた水素水書籍をお送りいただきました。サービスがきめ細かく、お心遣いの暖かい会社で、本当に感謝しています。英語書籍は、とても分かりやすく書かれていました。これから、その内容を英語サイトで、私なりにシェアしていきたいと思っています。

ここでは、直接 太田成男教授に教えていただいた確かな製品を記載します。

水素水 (太田教授確認済み)

残念ながら、日本国外で販売されている確かな水素水は、2016年12月現時点では、Naturally PlusIZUMIO のみです。アメリカで、IZUMIOを注文されたい方は、こちらからネットで注文できます。

10月10日、American Journal of Food and Nutritionに水素水に関する論文「水素水が細胞内抗酸化の生体指標、グルコースの摂取、インスリンのシグナル伝達、サーチュイン1、テロメラーゼ活性に対する効果」が発表されました。この論文は、生化学研究の世界的な権威Garth Nicoson教授、日本の水素医学研究の第一人者である太田成男教授をはじめとする、世界的な医師と科学者10名の連名によるもの。研究に使われた水素水はなんと、ナチュラリープラスの商品IZUMIO。水素が細胞膜に浸透し、肝細胞内で抗酸化物質として機能すること、人間の骨格筋細胞のインスリンシグナル伝達を上昇させることなど、改めてさまざまな効果が明らかになった水素水。http://pubs.sciepub.com/ajfn/4/6/4/index.html

On October 10, the American Journal of Food and Nutrition published an article, “Effects of Hydrogenized Water on Intracellular Biomarkers for Antioxidants, Glucose Uptake, Insulin Signaling and SIRT 1 and Telomerase Activity.” This article was jointly authored by world-famous biochemist Garth Nicoson, Japan’s No. 1 expert on medical effects of hydrogenated water, Professor Shigeo Ota, and eight other globally renowned doctors and scientists. The hydrogenated water used in this research was Naturally Plus IZUMIO. The research demonstrated that hydrogen penetrates cellular membranes and functions as an antioxidant in liver cells (hepatocytes). It also improves the insulin signaling function of human bone cells, and has numerous other beneficial effects.  http://pubs.sciepub.com/ajfn/4/6/4/index.html

10月10日,題為“富氫水對於細胞內抗酸化的活體指標、葡萄糖的攝取、胰島素的信號傳遞、去乙酰化酶Sirtuin1、端粒酶活性的效果“的一篇關於富氫水的論文在《American Journal of Food and Nutrition》上發表。該論文由以世界生物化學研究的權威Garth Nicoson教授、日本的氫醫學研究的第一人太田成男教授為首的10名世界級的醫師與科學家聯名發表。被用於研究的富氫水是綠加利的商品IZUMIO。富氫水中的氫能滲透細胞,對於提高在肝細胞內作為抗酸化物質發揮作用、使人類骨骼筋細胞的胰島素信號傳遞等機能方面又有了各種更加明顯的效果。綠加利作為全球性健康產業企業,將一直致力於讓更多的人過上健康的生活。 http://pubs.sciepub.com/ajfn/4/6/4/index.html

日本、または、海外(150カ国) で IZUMIO を注文されたい方は、ご連絡ください。登録サイトを連絡させていただきます。

ただ、IZUMIOは、価格が高いので、Auter 製品 (下) で作って沢山飲むこともできます。ただし、Auter社は、海外発送をしていませんので、日本に住む家族やお友達の所へ送ってもらい、家族・お友達に郵便でアメリカへ送ってもらう必要があります。

化粧品 (太田成男教授確認済み)

Auter 化粧品
http://auter.jp

auteressense

製品の中で、Auter Essence は、水素水飲料として使用することができます。これは、太田先生、及び、Auter社に、原材料を含め確認をとりました。太田先生も、私自身も、Auter Essenseで水素水を作り飲用しています。

Auter Essence の成分は、グリセリン水素化Mg のみです。水に溶かすと、マグネシウムと水素とグリセロール(グリセリン)となります。グリセロールは、食品としても認められている安全な成分です。マグネシウムは、体に必須な物質で、サプリメントとしても販売されています。便秘の時の処方薬としても知られています。

Auterブランドの水素健康医学ラボ株式会社 (Hydrogen Health Medical Lab) の代表取締役太田史暁さんは、太田成男教授のご次男です。

Auter Essense の 水素水飲料としての使い方 と 効果的な水素水の飲み方

Auterエッセンスは、水に垂らし、混ぜ、溶かして飲みます。

Auterエッセンスの水素濃度は、100mlの水に1滴で 約1.6ppm1.2ppmくらいの高濃度になります。1.6ppmというのは、1気圧での水素の飽和濃度で、通常の気圧での水素の最高濃度です。 (1ppm=1000ppb=0.5mM=1mg/l)

Auterエッセンスを水に溶かした場合、水温や水質にもよりますが、さっとかき混ぜて1分半くらいで水素濃度がピークになります。

病気の方は、悪玉活性酸素の量も多いですので、多くとるのが良いようです。多くの臨床実験では、患者が1日500ml~1000mlの飽和水素水を飲んでいることが多いようです。

健康な人は、最低でも300ml を一度にとるのが良いと私は思っています。体内水素濃度を一気にあげることにより、遺伝子スイッチが働くので、小分けにしてとるよりも、一度にとる方が効果的なためです。

私は、1日1回500ml、または、1日2回300ml 合計600ml の水素水(0.8~1.6ppm)を飲むようにしています。

  • 200 mlの水やジュースに1滴垂らせば、濃度は半分になります。
  • 50mlに1滴が、100mlに1滴と同じかというと、飽和濃度 (1.6ppm) というものがあるので、余分な分は抜けてしまいます。ですので、100mlに1滴くらいを目安にしてください。

1チューブで150-200滴ほどらしいので、1日500ml 飲むなら、1チューブで約1ヶ月分になります。

発生する水素の数は、100 mlに溶かした場合も200 mlに溶かした場合も同じなので、2倍に薄まった200mlの水素水を取った場合も、100 mlの場合と同じ分量の水素が吸収 されて健康効果は同じと理解してOKです。

飲む濃度は高いほうが良いです。300mlに1滴だと、濃度が薄すぎて、遺伝子スイッチへの働きかけが悪くなります。但し、濃度は低くても、飲む水素水の量を増やして摂取すれば、取り入れた水素の量に対して、水素が働きます。

記事更新:2019年2月24日

Auter Essense (Auter エッセンス)ですが、自分でもちょっと驚きの体験をしてしまいました。
去年6月に、カナダのオカナーゲン地方へ行ったのですが、到着2日目から、今まで経験したことが無いほど最悪の花粉症になってしまい、鼻水が止まらない、目が腫れるほど痒い、頭が重く熱っぽいというひどい状態に。Alegra D という pseudoephedrine の入っている花粉症の薬が通常は効くのでそれを飲んで見たものの、今回はまったく効き目無しで、泣きそうでした。そこでふと、Auter エッセンスを鞄に入れていたのを思い出し、苦肉の策で水素水を作って、ともかくがぶ飲みです。他に対策が何も思い浮かばずでとった行動だったのですが、なんと、水素水がぶ飲みでアレルギー症状がだんだん治まってきて、垂れ流し状態だった鼻水も止まり、その後、水素水がぶ飲みを数日間続けて、オカナーゲン滞在を無事終えることができました。花粉症の症状があまりにもひどかったので、それほど期待してもいなかったのですが、自分でも驚きの水素水の効用体験でした。

サプリメント (太田教授確認済み)

以下の2社は、どちらも医師が開発に関与していますので、安全安心で、ちゃんと水素も発生します。
患者さんも飲んでいます。ただ、2015年10月に、太田先生にお聞きした段階では、サプリメントでの効果に関するデータは、まだはっきり出ていないと言われていました。

水素入浴剤 (太田教授確認済み)

水素水サーバー (太田教授の著書より)

大きくわけて、3つのタイプがあります。

  • 電気分解で水素を発生させ、水素を溶かす。
    このタイプは、電極が汚染しやすいので注意が必要。
    酸素と水素の発生領域を膜で隔離するタイプでは、その膜が汚染の原因になりやすい。
  • 水素ガスの圧力をくわえるなど、ぼこぼこと水素ガスの記法を液体の中で生じさせ、水素水を作るタイプー飲む水が電極と直接接しない。
  • マグネシウムと水を反応させて水素を発生させる

水素を食べてエネルギーを作るバクテリア (サルモネラ菌、腸チフス菌など) が結構多いため、サーバーは、雑菌の混入に注意が必要です。

また、衛生のため、水素水をためておかないようにしましょう。

電極が水に触れるタイプでは、電極から溶ける金属の身体に対する影響が分かっていないので、注意が必要です。

さらに、注意すべきは、「還元水素水」の生成機として売られているものです。もともと「還元水」の機械として売られていたものが多く、最近は、水素水の健康効果が知られてきたため、「還元水素水」の機械として売られています。 しかし、これらのほとんどは、水素含有量が非常に低く、「水素水」とは呼べないレベルです。

例えば、アメリカでも売られている、株式会社エナジックの機械 (レベラックLeveluk) です。アメリカでは「還元水素水」生成機、水素水ができるとして、宣伝していますが、本社に電話をして、製品開発の方に問い合わせた所、「水素濃度は測っていないし、水素濃度に関するデータは無い。水素は、15分もすれば抜けていってしまうし、PH9くらい強いアルカリに設定すると水素も比較的多く発生するけれども、それでも水素濃度は不安定なので、測ってもいない。私達のは、水素水生成機ではなく、還元水生成機ですから。」と言われました。

太田先生も、これらの機械に関しては、警鐘をならしておられます。

ちなみに、アルカリ性の還元水と違い、水素水中性ですので、飲み続けても胃腸の消化機能などに障害を起こす心配もありません。